人生100年時代を謳歌する、30代ズボラ男子の日常

ZUBOLIFE SHIFT DAY

食事

白米よさようなら、3パック豆腐の主食化で楽に糖質制限する

投稿日:

ダイエッターや糖質制限をしている人に限らず、全ての日本人にオススメしたいこのメソッド。

もはや晩御飯に白米などいらない、豆腐パック(+納豆パックもオススメ)があれば気づかぬうちに糖質の摂取量は縮小され、大豆由来のたんぱく質もしっかりとれてめちゃヘルシーな食事になります。

主食は白米という常識を捨て、白米を豆腐に変えるだけ。ただそれだけ。

この記事でお伝えしたいことは本当にただこれだけです。

ここでこの記事を書き終えてもいいくらい。

やっぱりもう少し書きます。

なぜ糖質制限が良いと言われているのか?

巷で言われる糖質制限、その背景や効能は色々言われていますが、僕は以下2つの観点で、やはり糖質はあまり摂るべきでないと考えています。

  • 血糖値の振れ幅を小さくしたい(血管へのダメージを減らしたい)
  • 身体の中性脂肪は、糖質が変化して定着する

つまり、前者は生活習慣病、血管系疾患のリスクを抑えるため。健康で長生きをしたいからという理由。

後者は、余計な脂肪をつけたくない。脂肪になるのは糖質だということが分かっているからです。

面倒なのでそれぞれのエビデンスは特に明記しないのですが、データ栄養学等然るべきエビデンスを元に解説されている書籍や記事を読めば、上記2つの理由が確からしいものであることはすぐに分かるので、気になる人はぜひググってみてください。

主な糖質の摂取源

言わずもがなかもですが、私達が日常生活で糖質摂取するシーンは大体以下なんですよね

  • 缶コーヒー、ジュースなど糖類を置く含む飲み物
  • コンビニなどでつい買ってしまう甘いお菓子
  • パン、ごはん等の主食

今回のメソッドは3つ目の摂取源を抑えるという方法になるわけですが、他のものについても基本的に置き換えることでさほど苦痛を伴わずに上手に糖質制限することが可能です。

例えば缶コーヒーやジュース等の場合は、自販機で買うことを辞めて、コーヒーは自宅で入れて水筒で持ってくる、もしくはコンビニのコーヒーだけにすると決める。

お菓子も、我慢するのは中々しんどい場合には買う前に成分表のところを見て、炭水化物(=糖質)の量が少ないものを選ぶようにしてみる(和菓子が比較的低い)。

そういうことの積み重ねと習慣化で徐々に余分な糖質を摂取せずに済むようになります。

なぜ日本人は白米を食べるのか?

ところで皆さん、なぜ食事をする時には白米を主食にしているのですか?

主食の役割って一体なんなのでしょうか。

なんでワイは米を食ってるんや?

そう考えてみると段々不思議に思えてきませんか。僕はこれ結構疑問だなと思っていました。

そもそも農林水産省が出している食事バランスガイドなどではやはり主食として白米が推されているのですが、これは当然生産サイドの利害なども多分に絡んでいます。

なので、表立って声高に白米いらん、ということを言ってしまうと困る人達がたくさん出てしまうので、中々主食白米の刷り込みは無くならないわけです。

僕もお米の農家さんを困らせたいわけではないし、もちろんお米があることで美味しく楽しめる料理はたくさんあるので、食べたい時にはそういうものを気にせず楽しみます。

でも、健康寿命最大化の観点では、糖質の摂取量を抑えることは理にかなっているわけで、その観点から日本人はもっと白米の摂取量を抑えるべきだと僕は思っています。

ズバリ、僕らが白米を主食として食べる理由は

それが常識だと刷り込まれているから

だと僕は思います。(ちょっと過激な表現だけど)

豆腐が白米の代替として完璧である理由

話を戻しましょう。

白米を食べるのはそれが常識だから、と書きましたがもちろんそれ以外の側面もありますよね。

  • 白米そのものの味が控えめであることから、他のおかずの味を緩和する働きがある
  • ほぼ手間がかからず、お腹にたまる食品である
  • 食卓の彩りとしての白色

他にもあるでしょうが、ざっとこんなところだとすると、豆腐はこれらの機能的側面を全て備えた食品だと言えます。

おかずの味が濃い時、豆腐を一緒に口に運べば、白米と同じように味を緩和してくれます。

色は言わずもがな、手間のかからなさという観点では、よくスーパーで売っているような3パックの豆腐を買っておけば、パックを開封するだけで食べられて、しかもそのまま食べれば洗い物も出ないという無敵さ!

我が家はAmazon Freshを導入しているのですが(詳しい紹介記事も書いています)

いつもこの3パック豆腐を買っています。

特にメーカーやブランドにこだわる必要もなし!

余談ですが、これと一緒に納豆の3パックも買っておくのです。

そして(特に)晩御飯の時間は、主なおかずだけ用意しておいて、食べる時にサッと豆腐と納豆を出して食べることを無意識化できるまで繰り返すのです。

これをやるだけで、糖質の摂取量を抑えてなおかつ大豆製品からとれる良質な植物性たんぱく質の摂取量も増えて、しかもビタミン等の栄養価も高いために1石三鳥くらいのメリットが得られます。

-食事

Copyright© ZUBOLIFE SHIFT DAY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.