人生100年時代を謳歌する、30代ズボラ男子の日常

ZUBOLIFE SHIFT DAY

http://lifeshiftdiary.com

学び 運動

チャリ通×iPhone×Kindle×音声読み上げで月2冊本を読む

更新日:

iPhoneの音声読み上げ機能を使って効率よく読書をする方法と、音声読み上げに向いている本の種類を紹介しています

iPhoneの音声読み上げでKindle本を読む

iPhoneには音声読み上げの機能が実装されています。
設定>一般>アクセシビリティ>スピーチ>画面の読み上げ(オン)
で設定ができます。

 設定ができたら、あとは読ませたいテキストの画面までいって画面の上から下へ、2本指でスワイプするだけ。簡単です。

 音声がないのでわかりにくいですが、実際にはSiriが読み上げてくれています。

これだけで読み上げてくれる

音声読み上げに向いている本、向いていない本

音声読み上げの難点として、画像にぶち当たってしまうとそこで止まってしまうところが挙げられます。また、文章によっては聞き取りにくいものもあり、かえってストレスになることも。
私自身音声読み上げで20冊ほど読んで(聴いて)みてわかってきた、音声読み上げに向いている本とそうでないものの特徴を挙げてみます。

音声読み上げに向いている本の特徴

  1. 挿絵や図解、グラフが少なくテキスト中心
  2. 章が細かく別れすぎていない、章ごとに扉絵などがない
  3. 英字、数字が少なく日本語中心
  4. 専門的な用語、単語が頻出しない

主に自伝的な内容、ある事象や思想についての著者の主張が比較的語り口調で記されている本が読みやすいです。
実際に読んでみた本の中では

 

 

 

 

 

最近話題のお金2.0、村上ファンドの村上さんの半生を綴った自伝、生涯投資家などは読みやすいです。
お金2.0の方は多少挿絵などもありましたが、わかりやすい言葉で書かれているので音声で聞いてもすっと頭に入ってきます。

音声読み上げに向いていない本の特徴

向いている本の特徴の裏返しが、そのまま向いていない本の特徴になります。

  1. 挿絵や図解、グラフが多い
  2. 章が細かく別れている、章ごとに扉絵がある
  3. 英字、数字が多い
  4. 専門的な用語、単語が頻出する

How to系のジャンル

How to系は1,2の理由であまり向いていません。図解や挿絵が多く、章も細かく別れていることが多いので途切れがちです。

同じような理由で、向いているにノミネートされそうだったけど惜しかったのが西野さんの革命のファンファーレです。
こちらも章が細かく別れていて、章のタイトルが画像だったんですよね。
これには理由があって、InstagramなどソーシャルでUPしやすいようにする狙いがあるそうですね。

こむずかしい系の洋書

3,4の理由で向いていないのが洋書です。
どうしても横文字が多くなる上、専門的な言葉が多いので何度も同じ単語が出てきてちょっと嫌になるかも。
あとは翻訳されるかたの技量にも左右されるので割と難易度高めです。

その中でも自伝系は比較的読みやすく、例えばナイキの創業者の半生を綴ったSHOE DOGは割といけました。

あくまで相対的にという話なので、これらの本が全く音声読み上げでは聞くに堪えないというものではありません。
実際に私も全部読了できています。

チャリ通と合わせて使うと読書が捗る!

私は通勤をロードバイクで片道25分かけて移動していて、この時間を音声読み上げ読書の時間に充てています。
25分×2回(往復)×5日(平日)=250分/週
1ヶ月で約1000分(約16時間)!
雨の日やその日の予定によってチャリじゃない日もあるので1000分まるまる、とまではいきませんが結構な時間を充てられます。
普通に読むよりも音声のほうが時間はかかってしまうのですが、それでも月に2冊は読めるので、通常の読書の補助として使えば結構な冊数を読めるようになります。

ロードバイクのハンドル部分にiPhoneを固定

ちなみに読みやすさにこだわる理由として、音声が途切れがちだとその度にページ送りとスワイプをしなければいけないので、いちいち面倒だし危ないのです。(信号待ちで停車している時まで待たないといけない)

何はともあれ安全第一!

ここまでチャリ×音声読み上げでの読書をご紹介してきましたが、最後に必ず理解しておきたいのが安全面についてです。

自転車は軽車両にあたるため、道路交通法を守って安全運転に努める義務があります。
都道府県によってもルールが違うようなので、このやり方を踏襲する場合はルールを確認した上で自己責任で、なによりも安全が確保された状態で行うことを強く推奨します。

↓このサイトがわりとまとまっている
https://ec-club.panasonic.jp/bicycle/contents/earphone/

私の住む東京都の場合は

イヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。(東京都道路交通法・投稿と公安委員会規則)

とあり、使用自体は禁止されていませんが外部の音が確認できる状態を確保することが必須とされています。

安全第一に、時間を有効活用して効率の良い読書ライフを!

-学び, 運動
-, , , ,

Copyright© ZUBOLIFE SHIFT DAY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.