人生100年時代を謳歌する、30代ズボラ男子の日常

ZUBOLIFE SHIFT DAY

http://lifeshiftdiary.com

ライフハック

ちょっとずつ自分を変えていく。ズボラでもできる目標・計画管理 〜発展編〜

投稿日:

前回ちょっとずつ自分を変えていく。ズボラでもできる目標・計画管理という記事を書きました。
シンプルな目標管理で、期限の遅延とかはどんどん許容して自分に優しい計画実行をしていれば、自ずと自分を変えることができるよという話です。
今回はそれに加えてもう少し長期・短期それぞれの工夫を紹介します。

長期の目標は“やりたいこと”が書き出されていればOK

人生の未来年表やWishリスト、未来をイメージした絵を書こうとか、人生の長期的なビジョン・目標を立てる時に紹介される手法があります。

私も色々チャレンジしてみました。スプレッドシートに80年くらい先までの行を作って何歳の時に何する〜とか、パワポにビジョンっぽいものを作成してみたり。

でもそのどれも大体において作って終わり、未来永劫見返すことがほぼないのです。残念なことに。
で、色々試してみて最終的に辿り着いたのが“やりたいことがあったらとりあえず書いて放り込んでおく”リストを作る手法でした。

内容の一部をご紹介

分類はざっくりでOK

いつかやりたいなぁと思うことがあったらなんでもかんでも気にせずここに放り込むようにしています。
このシートを“やりたいことリスト”のような名称で年間目標早見表の横に置いておけば、月に一回の目標見直しの時間にチラチラ見ながら設定できるので作りっぱなしという状態も避けられます。

短期でやらないといけないことはリマインダーに放り込む

短期つまり、日常のToDo・タスクに分類されるものの管理の話もしておきます。こちらもタスク管理ツールでEvernoteを活用したり色んな方法が紹介されています。普段使っているデバイスにも寄りますが、私の場合はiPhoneとMacを多頻度で使用しますので、どちらでも常時連携できるリマインダーを利用しています。

幅最小にして常時画面の隅っこに置いておくと忘れません

人との約束、役所で手続きしなければならないことから、夕飯の買い物まで、やらなければいけないことはなんでも放り込みます。特に仕事中なんかは集中したいと思うので、「あれやるの忘れてた、、、」みたいなモヤモヤを取り除く上でもとりあえず放り込んでおく作戦は精神衛生上も良いです。

それに、放り込んだタスクが小さければ処理もホイホイ進むので、片っ端からタスクが片付いていく様を見ながら気持ちよくなることもできて一石二鳥。おすすめです。

“管理のための管理コスト”は最小化する

  • 長期目標をやることリストでとりあえず書き出す
  • 年間目標はひと目でパッと見れるレベルにおさめる
  • 短期のタスク管理は気づいたものから放り込んで時間ができたら一気に処理

以上3点が、私がプライベートの目標やタスク管理に用いている手法ですが、前回記事にも書いた通り、これを続けていると1年間で自分で思っていた以上の変化を実感できるはずです。
大切なことは、いかに自分に優しい設計になっているかどうか。大体において人は怠け癖があるので、それを見越した運用になっているかどうかが継続のポイントになります。

参考になる部分があれば真似ていただきつつ、ぜひ皆さんそれぞれが楽な手法を見出してみてください。

-ライフハック
-,

Copyright© ZUBOLIFE SHIFT DAY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.